スポンサーリンク

星野リゾート奥入瀬渓流ホテルと岡本太郎【青森旅行part27】

青森

2022年2月11日(金)から3泊4日で夫と青森旅行へ行ってきました。もな子ブログではしばらく青森の旅レポをお送りしておりますのでよろしくお願いします!

さてさて到着しました、星野リゾート奥入瀬渓流ホテル!!3日目の宿泊地です。

時刻は15時過ぎ。

私はこの旅行でコロナにかかってしまうんじゃないかと常にびくびくしておりまして(マンボウ真っただ中だった)、とくにこの星野リゾートの検温で熱があって泊まれなくなるという悲劇に怯えて端です。

なので、無事検温クリアした時めちゃくちゃほっとしたんですよ!よかったー--これで、念願の星のリゾートに泊まれるぞって。

星野リゾートは過去に北海道のトマムにも泊ったことがありますが、そこそこ高級だけど遊び心満載って感じが似てますね。

岡本太郎の遺作『森の神話』

まずこの星野リゾート奥入瀬渓流ホテルで楽しみにしていたのが、岡本太郎作の巨大暖炉『森の神話』!!私たち夫婦は岡本太郎だいすきなんですわ。

これーーー!!すごいでしょ?かっこいいんですよねー。がっと心を鷲づかみです。

近くで見るとこんな感じ。なんかかわいいのおる。

『河神』

もう1か所、西館玄関にあるラウンジにも巨大暖炉『河神』があります。

ここにはひとが誰もいなかったんですが、おしゃれ気な素敵本たちが左の本棚に並べられているので、こんな贅沢な空間で読書なんぞ嗜んでみるのもいいですね。

私たちは貧乏性なので、ゆっくりとかできずあっちこっち散策しまくって1時間後やっと部屋に落ち着きましたわ。

今日はツインだ。

ゆったりくつろぎソファあります。素敵!

私たちのとまった2010号室からの眺めはこんな感じ。まさに森の中に滞在している感覚。

ティーセットはこんな感じ。

パジャマかわいい。靴下あるの助かる!大浴場に行く用のバスケットもあります♪

こちらのホテルは、さっきの作務衣風パジャマとイグサスリッパでホテル内を闊歩しても大丈夫です。わーいくつろぎーーー♪

洗面所と浴室とおトイレ。ウッディな色調で癒され空間を演出って感じ。

シャワーは大浴場に入りに行ったので、使いませんでした。このお部屋は浴槽なし。

この、一番お手頃そうなお部屋で1泊朝食つき36,000円。普段の4倍や。いかにこの宿泊を有意義なものにするかが3日目最大のミッション。

急げ!!時間は刻一刻と過ぎていくぞーーーー!!

くつろげよ。

星野リゾート奥入瀬渓流ホテル

コメント

タイトルとURLをコピーしました