スポンサーリンク

予約の取れない大人気の居酒屋<旬菜処びいどろ>その2【沖縄旅行1日目】part10

旅行

2021年12月16日(木)から4泊5日で夫と沖縄旅行へ行ってきました。もな子ブログではしばらく沖縄の旅レポをお送りしておりますのでよろしくお願いします!

さて、沖縄初日の夜は旬菜処びいどろという居酒屋さんです。前回びいどろにたどり着いてドリンクを頼んだところまで書きまして、力尽きたので続きでございます。

沖縄近海鮮魚の〜刺身4種✖︎2切れ盛り(890円)

刺し盛りめっちゃうまい!特にセーイカが抜群でした。ねっとりとして旨みがすごい!!

お刺身の名前って説明されてもすぐさま忘れてしまうので、こうして書いてくれるのすごく親切!!
ブロガーの味方!!名前は上から順に刺身左→右です。

旬の島野菜6種のサラダ〜シークワーサードレッシングで(790円)

こちらのサラダも説明付き。ありがたい、苦味のあるお野菜ありで媚びないサラダ。シークワサーのドレッシングもおいしかったです。このサラダ夫が大変気に入ってました。

もずくの天ぷら(650円)

沖縄はもずくが有名ですよね。太くておいしいやつ。それをたっぷり使った天ぷら。

もずくの味というか食感というかが全く別物ですね、天ぷらにすると。なんか不思議です。しかも、サクーじゃなくてもちーっとしてます。これ。

美ら蛍

ここで、夫が泡盛へ移行。美ら蛍(30度)クセのないおいしい泡盛でした。

セーイカのコク旨自家製ラー油ユッケ(790円)

とっても気に入ったセーイカの、ユッケがあったので頼みましたら、これもめちゃくちゃうめぇ!!

お刺身もいいけど、こうやって手を加えた創作料理大好きです。

島豆腐(スクガラス豆腐)(450円)

すごくシュールなビジュアルですね。スクガラスがのった豆腐。

スクはこの魚の名前(アイゴの稚魚)でガラスが塩辛という意味だそうです。

確かにこのちっこい魚にはしっかりとした塩気があって、それで豆腐をいただくといった料理。

店員さんに食べ方を教えていただきました。この小さい魚、背鰭に棘があるので、ぐいっとスガラスを豆腐に埋めて、頭の方から食べると大抵大丈夫とのこと。

確かにギザギザとした食感ありましたね。豆腐と合わせることで程よい塩味となり、お酒が進む一品。結構好き。

燻製サンマとじゃがいもの和風リエット(600円)

リエットってなんですかー?ときいて頼んだ料理です。これは燻製サンマとじゃがいもを一緒に潰してパテにしたものですが、本来は肉や魚をラードと合わせてペースト状にしたもので、じゃがいもは入れない料理でした。

これ、私たちめっちゃ気に入って、オイルサーディンとじゃがいも潰したらできるんじゃね?と話してました。すごくおいしいですわ。でも燻製ってとこもおいしさの秘訣っぽい。

卵3ヶと出汁120ccの出し巻き玉子(600円)

だし巻き玉子です。これもおいしいですが、特に想像の範囲を超えないかなといったお味。ペロリ。

古酒とラム酒

ここで、夫が古酒(くーす)に挑戦。古酒は3年以上寝かせた泡盛のことで、泡盛特有のクセも出てアルコール度数が高いのが特徴です。

こちらは5年もの43度。これを夫はお湯割にしたんですが、お店の人的には意外だったらしく、後から「新しい飲み方を教えていただいたので」と言ってストレートをちっさいお猪口でサービスしていただきました。

つまり、そんな飲み方誰もしない(=台無し)って思って夫が「ロックにすればよかったーー!変な飲み方して申し訳ない」と今でも後悔してます。そんなことないって!

私は沖縄県産のラム酒(700円)がメニューにあったので頼んでみました。私もお湯割。クーラーが寒かったので。

ラム酒なんて、飲んだことあったかなってくらい知らないんですが、結構飲みやすいお酒なんですね。これからは選択肢に加えていこうと思います。

ドゥル天 2ヶ(500円)

ドゥル天とは

沖縄県の郷土料理。どぅる天とは、伝統料理「ドゥルワカシー」に衣を付けて揚げ、天ぷらにしたものです。那覇市の料理店で誕生したといわれており、その後沖縄県各地の料理店でも提供されるようになりました。

郷土料理百選HPより

まずドゥルワカシーがわからないと何に衣がついているのかわからない。ネット上のレシピを見ると田芋、豚肉、にんじん、椎茸って感じでした。田芋ってのがまた馴染みがないので、ほくっとしているのかねちっとしているのかやはり食べてみないとわからない。

散々調べてから大将にオーダーしたら、「真剣に調べてましたもんねw」と言われてしまいました。見られてたー。

ちなみにこちらのお店は大将と、ホール担当の女性が1人でした。

そして、ドゥル天いただいてみたらば、大変おいしい。優しい味付けで、里芋寄りの味かな?とにかくほくりとして、衣がサックサクでじょーずーって感じです。

海老香る〜ソーミンタシヤー(690円)

そろそろ〆るかーということで麺です。海老香る油で炒めた大変おいしいそうめん。これ、少な目ですね、あっという間になくなってしまいました。名残惜しい。

濃厚ジーマミーアイス(390円)&つぶつぶ濃厚♪和栗アイス(450円)

デザートも食べたい!!ということでアイスを注文。あったかいお茶も出していただけました。

私はジーマミーアイスの方が好きだったかな。自家製アイスってのがビシビシ伝わる二品でした。

お会計とまとめ

あーー!!もっと食べたいのにお腹いっぱいです。ここまでです。

気になるお会計は11,460円。おお、もっといったかと思いました。カード使えます!!私たち現金の持ち合わせが乏しいので、カードが使えて本当に嬉しんですよねー。(現金持ってくるの忘れた)

旬菜処びいどろ、何を食べてもハズレなし!すっごく丁寧な仕事を感じます。店員さんの接客も程よくて、大変居心地の良いお店でした!!2人は夫婦なのかな?

沖縄旅行を予定している方に是非とも行ってほしいです!!日程が決まったらまずびいどろの予約が取れるか確認してみよう!!イエイ!

旬菜処びいどろ

電話番号:098-863-7870
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 :日曜・月曜
交通手段:ゆいレール美栄橋駅下車、徒歩4~7分
     国際通り 松尾交差点から一銀通りを徒歩3分
     美栄橋駅から268m

2f · 〒900-0013 沖縄県那覇市牧志1丁目11−1 2f
〒900-0013 沖縄県那覇市牧志1丁目11−1 2f

コメント

タイトルとURLをコピーしました