スポンサーリンク

やっぱでっかい生き物って興奮する<美ら海水族館>【沖縄旅行2日目】part12

沖縄旅行

昨日は元日ということで1日沖縄旅行の記事をお休みしてしまいましたが、今日からまた続きを書いていきますのでよろしくお願いいたします。

2021年12月16日(木)から4泊5日で夫と沖縄旅行へ行ってきました。2日目の12月17日(金)のメインイベントは美ら海水族館です。

ちょっと順番が前後しましたが、沖縄旅行でほとんどの方が訪れるであろう美ら海水族館へ我々もやってまいりました。

美ら海水族館と言えばジンベエザメ!!かっこいいですよねー。まあ、実を言うとセブ島へ旅行した際にジンベエザメと泳いできたので、それに比べれば水槽を泳ぐジンベエザメなんてたかが知れてますよねーと言った感じですけどね(普通にやな奴)なんつて。そんなこと全然なく飽きずにジンベエザメばっかり見てしまいましたw

黒潮の海

美ら海水族館は8時30分開館です。私たちが到着したのが8時40分でした。もうきっとジンベエザメの水槽の前は人だかりができてるはず。

開館と同時にダッシュしたところで、人気のジンベエザメですもの、大して変わらんか・・。と思いつつも、入り口からジンベエザメまでの魚たちを見事にスルーして、一直線に黒潮の海ゾーンへ
黒潮の海がジンベエザメのいるあの巨大水槽のことです。

ジンベエザメ

うわーびっくり。誰もいませんでした。水槽前をまさかの独り占めです。やはりコロナの影響でしょうか。

やったーと思いきや、ジンベエさんったら、ずーーーーーーーーっと水槽の上の方にいて全くおりてきてくれません。一緒に写りたかったのに、これが限界。くすん。

おーい下の方にきておくれー!!にしてもかっこいい!!惚れる。

見せ方いろいろ考えてくれてますね。どれもこれも大興奮です。

マンタ

マンタもカッコイイ。大きい生き物ってものすごく心を揺さぶられます。揺さぶられるからドキドキして、好き!ってなるんでしょうね。これは恋?みたいな。

エイ

顔(じゃないけど)かわいい。きゅん。

チンアナゴ

一応、後から見た子たちも載せておきます。ここのチンアナゴはめっちゃ細かったなー。出たり入ったりしてほんとおもしろい。飽きないわー。

タコクラゲと腕

これ、まじビビったんですが、どうですか?掃除中です。ビクーーっとしません?何度見ても慣れない。なんとなくクラゲが懐いてる感じがする。

おわりに

こんな感じで、結構サクサクと見て回って9時40分には水族館を後にしました。早い!1時間しかいなかったな。マナティ館とかウミガメ館とか見ずに帰ってきてしまいました。

なんだか旅の工程を早め早めに済ませたいという気持ちになってしまいがちなんですよねいつも。山登りも「先に登っといたらこの後大分余裕できるから」みたいに、業務をこなす感覚ある。

というわけで、あっという間に終わってしまたった美ら海水族館ですが、行ってよかった。生き物大好きだわ。楽しい。同時にこんな狭い水槽でかわいそうとも思います。ごめんよー人間のエゴに一生をブン取ってしまって。魚たちがこれが当たり前の普通という認識で暮らしてくれてることを切に願います。海とかいう概念ありませんように。

↓ちなみにセブ島のジンベエザメこんな感じ↓2018年でした。なつかしい。

美ら海水族館

8:30~16:00(通常料金)

大人1,880円
中人(高校生)1,250円
小人(小・中学生)620円
6歳未満無料

16:00~入館締切(4時からチケット)
へーこんなチケットあるんだ。

大人1,310円
中人(高校生)870円
小人(小・中学生)430円
6歳未満無料

営業時間

通常期(10月~2月)8:30~18:30(入館締切:17:30)
夏期(3月~9月)8:30~20:00(入館締切:19:00)
※新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、2021年3月1日から、通常期の時間となります。
※但し、新型コロナウイルス感染状況によっては、変更になる場合がございます。)
休園日12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
※海洋博公園の全ゲートが閉まり、公園内に入園できません

コメント

タイトルとURLをコピーしました